「Stardew Valley」Switch版のがついに日本でも配信開始!




すでに海外では配信が開始されていた「Stardew Valley」のSwitch版がついに日本でも配信されました!

配信は1月11日にマイニンテンドーストアで開始されており、すでに購入が可能な状態です。

 

Stardew Valleyとは

Stardew ValleyはもともとSteamでPCゲームとして配信されていたゲームです。

日本では馴染み深い「牧場物語」シリーズに影響を受けて開発された今作ですが、驚くべきはこれほどの完成度のゲームをたった一人で開発していたということです。

「牧場物語」が大好きだった開発者は、自分が遊びたい牧場物語を数年の歳月をかけてなんと一人で作り上げてしまったのです。

Stardew ValleyがSteamで配信されるや否や、インディーズゲームには異例の大ヒットを飛ばし、現在はそのプラットフォームをコンシューマにまで広げています。

 

アメリカ版牧場物語

「Stardew Valley」は、都会での会社員生活に疲れた主人公が、今は亡き祖父から受け継いだ牧場へと居を移し、田舎での自給自足生活を楽しむ「牧場物語」シリーズの精神的後継作品となっています。

ゲームの内容も歴代の「牧場物語」にまさるとも劣らない内容となっており、村の個性的な人々との交流はもちろんのこと、農作業も楽しめれば畜産業もあるし、釣りもできます。

牧場の規模を大きくするなどの運営要素はもちろん、なんとダンジョン攻略などのアクション要素まで搭載するという盛りだくさんな内容です。

特定のキャラクターと結婚することも子供を作ることもでき、その上、同性婚で養子を迎えることも可能です。

 

ずばり買いか?

買いです。もちろんこの手のジャンルが苦手な方なら別ですが、少なくとも「牧場物語」シリーズに抵抗がないのであれば買って損はないでしょう。

飽き性な私でもSteam版を数十時間プレイ済みで、その上Switch版まで買ってしまいました。

お値段も1400円程度とかなりお手頃なので、迷っている方はぜひ購入してみてください。

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です