会社行きたくない病を和らげる4つの方法(軽症編)




会社行きたくない病(軽度)

朝起きて、顔を洗って、歯を磨いて、鏡を見ながら「ああ、今日会社行きたくないな」なんて気持ちになることって結構誰にでもありますよね。今の仕事が嫌いってわけじゃないけど唐突にサボりたくなってしまう。こういう時皆さんはどうやって乗り切っていますか?

社会人の多くの人が経験しているであろう会社行きたくない病。今回は、そんな憂鬱な今日を乗り切るための対処法や心構えをご紹介します!

 

1.1週間の憂鬱を背負わない

会社行きたくない病の発症率が最も高いのはおそらく月曜日の朝でしょう。

「楽しい休日が終わってしまった…」

「また1週間が始まってしまった…」

「会社いきたくないなあ…」

といった感じで。月曜日が特に憂鬱なのは、また1週間働き続けないといけないと思うからでしょう。仕事を1週間単位でとらえるこの考え方、あなたの会社行きたくない病を発症させてます。

1週間がんばるのではなく今日一日をがんばるという発想に切り替えましょう。ささいな考え方の違いですがこれが意外に大きいのです。

「今日一日がんばったらまたお気に入りのソファーで映画でも見よう」

「帰ったら週末に買っておいたアイスを食べよう」

こんな風に考えて月曜日という大敵と戦うのです。間違ってもいっぺんに1週間を相手にしないようにしましょう。各個撃破は戦略の基本です!

 

2.朝の日課を作る

皆さん朝に決まってやることって何ですか?顔を洗って、歯を磨いて、ご飯を食べて、着替えて、出発するだけですか?これらは全て頭を使わずに、もしくは体力を使わずに行えることばかりですよね。

会社行きたくない病を克服するために、朝の日課を作ってみてください。あなたが前向きに行える行為なら何でもいいです。ただし、少しだけ頭を使ったり体力を使うような行為だとなおいいです!

というのも、朝起きて何の心の準備もないまま 起床 → 会社 だとあなたの精神に大変な負荷がかかるのです。そこで朝起きたらまず少しだけ頭を使ったり体を動かしたりすることで、あなたの精神に1日の始まりの準備をさせるのです。

「いきなり冷たい水を浴びせられるより、あったかいお湯から少しずつ冷たくされたほうが負担は少ないでしょう?」理論です。

例えば「好きなマンガや小説を読む」とか「15分だけ散歩に出かける」とか「Youtubeで動画をあさる」とか「Spotifyでお気に入りの曲を探す」とかを日課にしてみましょう。

 

3.週末は遊びほうける

「え、ただでさえ仕事で疲れてるのに週末ぐらいゆっくり休みたいよ...」こう考える人は結構多いと思います。私だって思います。でもよくよく考えてみると、週末何にもせずだらだら過ごした時よりも、好き放題遊びつくした時のほうが清々しい日曜日の夜を送れているのです。そしてその勢いのまま月曜日へ。

「サザエさん症候群」という言葉がありますよね?これは無為に週末を過ごしてしまった時ほど症状が強く表れるように思います。

別に「外出してアクティブで生産的な週末を!」なんて言う気はありません。

「今週はため込んでたゲームでひたすら遊ぶぜ、24時間耐久ゲームだ!!」とか

「ドラゴンボール1巻から全巻読み直しだ!!」とか

自分が楽しいと思えることに対してひたすら遊びほうけましょう。

 

4.思い切って会社をサボる

大きな声では言えませんが思い切って会社をサボるのもまた1つの手だといえるでしょう。電話して上司にこうひとこと言うだけです。「すみません、体調を崩してしまいました」と。

みんなが慌ただしく動き始めること、自分は背徳感とスリルと優越感を覚えながら2度目の眠りに落ちるのです。

突如与えられる1日の休日というボーナスを思いっきり楽しんで、次の日に備えることができれば、会社行きたくない病は少し和らぐことでしょう。

ただし注意点が一つ!会社をサボるときは間違っても連日サボるのはやめておきましょう。2,3にちサボった次の日はおそらく想像絶するレベルの会社行きたくない病を発症していることでしょうから。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です