PythonでGmailからメールを送信してみよう!




Pythonでメール送信

Pythonに限らずプログラミングを勉強していると自分のPCの中だけで完結する物ではなくて、何か刺激的なものを作ってみたくなりませんか?そこで今回はPythonからネットワークの世界へ飛び出してメール送信をしてみましょう!

方法はとても簡単です、あなたのPCにPythonが入っていて、Gmailのアカウントを持っていて、そんでもってネット環境があればOK!サンプルソースは以下になります。

 

※14行目で「smtplib.SMTP_SSL(“smtp.gmail.com”, 465)」としていますが13行目の「smtplib.SMTP(“smtp.gmail.com”, 587)」を使用すると以下のようなエラーメッセージが出ると思います。

私はこれでつまづいて苦労しましたが「smtplib.SMTP_SSL(“smtp.gmail.com”, 465)」を使用することで解決できました。

 

それでもメールが送れない!

もしかして今回のようにPythonなどのプログラムからGmailにログインするのは初めてではありませんか?そうだとしたらログインしようとしたGmail宛にこのようなメールが届いているかもしれません。

 

このようなメールが届いていた場合はPythonからのアクセスを許可してやりましょう。「安全性の低いアプリへのアクセスを許可」から次のページにアクセスします。

そして「安全性の低いアプリの許可」を「有効」にしてやりましょう。そして再度Pythonを実行!

※この操作によりGmailの不正アクセスへの安全性は弱まりますので自己責任でお願いいたします。この方法でのログインが不安な場合は「Gmailのアプリケーション固有のパスワードを設定する」という方法もあるようです。Googleのこのページが参考になると思います。こちらにつきましては後日改めて記事にいたします。

どうですか、送信できましたか?自分のプログラムでメールを送信できるというのは少しワクワクしますよね!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です