よし、来月は1ヶ月間の休暇を取ろう!(フリーランスになって良かったことシリーズ)




休みたい。でも休めない・・・。

皆さんは長期休暇と言われて何日程度の休暇を思い浮かべますか。3日間?1週間?1カ月?それとも3カ月?日本では夏休みは大体5日前後の連休が平均と言われていますので、それ以上と答えた方は恵まれた環境でお仕事をされているのでしょう。

一方フランスではバカンス休暇が法律で定められており、1カ月以上のバカンスは当たり前なのだそうです。なんともうらやましい話ですよね...。日本だと2週間、いや1週間まるまる休みを取るのも気が引けるという方も多いのではないでしょうか。以前在籍していた会社では、ありがたいことに夏季休暇は最大で9日間与えられていました。今思うと本当に恵まれていますよね...。しかし取引先とのやり取りや保守的な対応もあるので9日全てを休みに充てられない方がいたのもまた事実。

このようなしがらみが故にちょこちょこ有休を取得することはできても、なかなか長期休暇を取得することは今の日本ではなかなか難しいことのようです。

 

よし、来月は1ヶ月間の休暇を取ろう!

フリーランスになって良かったことの一つに長期休暇を取得できるということが挙げられます。事実、私は2017/9いっぱいで前現場の契約を終えてから2017/11の次現場での契約開始までの1ヶ月間を休暇にあてました。もちろんこの1ヶ月間はお給料なるものは一切出ませんが、それでも自分の好きなことをするためだけの時間が1カ月も確保できるというのは大変なメリットです。会社員だったころは「お給料はいりませんので1ヶ月間お休みをください」なんて口が裂けても言えませんでしたからね笑。

 

有給休暇か、無給休暇か

とはいっても手放しにフリーランス最高!というわけではありません。我々フリーランスにとって働かない時間 = 稼げない時間なのです。ですので、インフルエンザ等で意図せず長期間休まざるを得なくなった時などは会社員の方がうらやましくなります。「今日休んだ時間でほんとは○○円かせげていたんだな」といったことが頭をよぎってしまうのです。有給休暇だけど長期取得は難しい、もしくは無給休暇だけど長期間休める。どっちがいいかはわかりませんが、何より自分に合った働き方が大事ですね。

 

「役員からの心証が悪くなるので、毎日最低30分は残業をすること!」フリーランスになって良かったことシリーズ

2017.11.24

入社2年で会社を辞めてフリーランスになった5つの理由

2017.11.19

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です