「役員からの心証が悪くなるので、毎日最低30分は残業をすること!」フリーランスになって良かったことシリーズ




「役員からの心証が悪くなるので、毎日最低30分は残業をすること」

新入社員1年目の頃に、チームのリーダーにこんなことを言われたことがあります。

「役員からの心証が悪くなるので、毎日30分は残業をすること」

え、仕事が終わっていても?残業代をもらいながら暇つぶしするの?そもそも残業すると役員の心証が良くなるの?こんなことを思いながらも新人だった私は上司の命令に大人しく従っていました。また、新人に対してはなにかと「教育」という理由にかこつけて残業をしても残業代が出ないなんてことも多かったです。

このような会社や上司の方針に嫌気がさしている会社員の方も多いのではないでしょうか?それとも私の在籍していた会社がひどかっただけ?

 

フリーランスに求められるのは必要な仕事を必要なだけこなすこと

上記のような残業を手放しで「悪だ」というつもりはありません。会社員として働く上で業務以外に成果を求められることもあるのかもしれません。ただ私の場合はこういった「業務外の業務」が肌に合いませんでした。

フリーランスとなった今「業務外の業務」を求められることは無くなりました。もちろん成果を出さないと今後の契約にかかわるので、毎日決まった時間だけ働いていれば済むという話ではありませんが。ただ、「なんで仕事が終わっているのに残らないといけないんだろう?」ともやもやを抱えながら日々の業務をこなすよりはスッキリした気持ちで働くことができています。

 

フリーランスがいいのか、サラリーマンがいいのか

私は現在のフリーランスとしての働き方がそれなりに気に入っています。上司に訳の分からないお叱りを受けることはありませんし、最悪の場合は自分の意志で現場を変えたり選んだりすることもできます。ただしサラリーマンのように勤続年数に応じて昇給があるといったことは一切ありません。

日ごろからスキルを磨き、これまでやってこなかった業務に挑戦する必要があります。私自身、フリーランスとして契約獲得のプレッシャーに圧されてサラリーマンに戻ろうと考えたことは何度もあります。しかし今でもフリーランスを続けているということはこの働き方が私の肌に合っているということでしょう。

 

よし、来月は1ヶ月間の休暇を取ろう!(フリーランスになって良かったことシリーズ)

2017.11.25

入社2年で会社を辞めてフリーランスになった5つの理由

2017.11.19




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です